よじそう

2011.11.08

今日は暦の上では立冬だそうですね。

「立冬。」


日中はまだまだ冬が始まりそうにない、小春日和の愛媛です。
最近は庭のさざんかの花が咲いたり、
ハゼの木がうっすら赤くなったりしてきました。
 

現在販売中のキウイですが、
1kg、2kgでも受付を始めました。(1kg@700円)
(1kgで約8~10個。送料は同額となります。)
一人暮らしの方、
ちょっと味見してみたい方にも、
多すぎない量だと思いますので、お気軽にどうぞ。
今までスーパーに並ぶ外国産しか食べたことないかも。という方にも、
ぜひ一度、国産キウイのおいしさを味わってもらえたらなぁと思います。

ジャムにしちゃおうかしら。という方にも。

《販売中のもの》
キウイ:11/15までご注文受付。11/21~の発送です。
早生みかん:12月末まで随時ご注文いただけます。
 
 
さて、先日の日記にも載せた、みかん山によく咲いているこの花。

 
「よじそう」っていうんだそうです。

なぜ「よじそう」かって、、、
 
 
 
 
 
16時に咲くから、「四時草」なんだそうですよ。
この写真を撮ったのも16時。
15時頃から花が咲き始めていました。
不思議ですね。。
朝顔とかもたしかに朝に咲いたりするけど、
一体なぜ16時!?
しかも、四時草の葉っぱは食べられるらしく、一石二鳥です。(←?)

楽しみにしていたランタナは今のところ咲いてませんが、
気長に待ちつつ、四時草食べつつ、
明日もせっせと収穫です!

農家直送はじめました。

2011.11.04

本日より、キウイフルーツと早生みかんの販売を始めました。
私たちの手で収穫したものを、私たちの手で発送します。
農家直送の新鮮なおいしさを、ぜひご家庭で味わっていただければと思います。

「柑橘」ページでは8種類の柑橘についても紹介しています。
(写真がないものも、クリックすると詳細が見られます。)
※極早生は、来年度からの販売となります。
 
 
【発送について】

キウイフルーツは、11月18、19日に収穫予定です。
その後選別をして、発送は11月21日~となります。
※キウイのご注文受付は、11月15日までとさせていただきます。
 

早生みかんは、これから12月末まで収穫が続きますので、
ご注文は12月末まで随時受付いたします。
お歳暮にもどうぞご利用ください。
 

※熨斗は箱の中に、小さな刺繍をお入れする形になります。(+100円)
(直径約7cmの丸い紙に、熨斗の刺繍をしたものです。色は10色。)
※熨斗は、株式会社エクスプランテの『背守り 練習帖』からの参考です。
詳しくはお問い合わせください。

 
 
今年は雨が多い年となり、品質を心配していましたが
水はけをよくしたこともあって、酸味と甘みのバランスが良い、
美味しいみかんができました。  
また、キウイフルーツも例年より数は少ないですが、
幸い台風の影響もなく、昨年より大玉で甘い果実が実りました。
無事に収穫を迎えられたことに感謝して、心をこめてお届けします。
ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

※これまで個人の携帯電話に直接ご連絡いただいていた方は、
もちろん今後も同じようにご注文いただけますので、
それぞれの携帯電話まで、お気軽にご連絡ください☆

 

ラストサムライ

2011.10.31

気づけば10月末になりました。
朝の気温もぐっと下がってきましたね。
こちらでは一週間ほど前からこたつを出して、冬に備えております。

 
わが家の冬の風物詩といえば、、、ネコが毎年太ります。
夏痩せる→冬太る→夏痩せる・・・のサイクルを
規則正しく繰り返しているマリーちゃん。
今年も徐々に太ってきたということは、
徐々に冬が近づいて来ているという合図なんですねぇ。(便利)

休憩中、ひざに乗ってくるマリーちゃん。・・・ズッシリ。


収穫していると、手がすべってミカンを落として
山の急斜面をものすごい速さで転がっていくことがあるんですが、 
そんな時にはいつも、あの名作『ラストサムライ』を思い出します。
 
無事に摘果もされず、台風にも耐え、
鳥やタヌキにも食べられず、一年という長い月日を経て、
晴れて収穫される瞬間が来た!
   
というところでのまさかの落下。
  
敵のあらゆる攻撃をかわして、
いよいよ目的地までやってきたサムライが、
最後にちょっとした不注意でまさかの落馬。
渡辺謙とトムクルーズと一緒にラストシーンに登場できず!
というストーリーを思い浮かべてしまいます。

あと一歩で食べてもらうことができたのにねぇ。(他人事)
 
無事に出荷されるミカンたちは、
いわゆる渡辺謙やトムクルーズのような主役級のサムライで、
数々の困難をくぐり抜けた強運の持ち主だなぁ~と
思ったりするわけです。


 

きっと、食べた方にもその強運パワーが伝わるんじゃないかと思っています。
これからの繁忙期、落とさないように気をつけます。。。


 
※販売に関してのお問い合わせをいただくようになりました。
ありがとうございます。
早生ミカンとキウイフルーツを、11月中旬〜発送予定です。
「ご注文」のページが完成しましたら受付を始めますので、
詳細をこのDIARYページにてお知らせいたします。
よろしくお願いします。

キウイも。

2011.10.23

野菜畑の、大根と、にんじんと、
水菜と、チシャ菜が順調に育っていて、
あとはビールがつくれたら自給自足できるかもしれない・・・
とちょっと真面目に考えている今日この頃です。
今日はいいお天気でしたね!
うちの犬も猫もひなたぼっこをしていました。

屋根の上で寝ていたマリーちゃん。話しかけたらすっごくにらまれました。

そんな犬と猫をおいて、人間たちはキウイの収穫へ。 

 
それではここで、恒例の(?)収穫の仕方シリーズです。
キウイは、

こうやって、


こうやって、


ブチーン!


収穫にはハサミを使わず、ひたすら両手でもぎ取ります。

 
休憩中には、落ちてやわらかくなったキウイを5個ほどつまみ食い。(多)
完熟のキウイはやっぱり甘くておいしいです。
もうすこししたらキウイもお届けできますので是非!
 
 

〜おまけ〜
先日、母と妹とお出かけしておいしいごはんを食べてきました。

伊予市の「もにこど2」


早く食べたくてあわてて撮影。


カレーも珈琲もおいしかったです。

食べものも着るものも、なんでも、
きちんと作られたものに出会うと嬉しいですよね。
また珈琲飲みに行ってボケェェェ〜ッとしたいなと思いました。

味噌のはなし

2011.10.18


今日もさわやかな空気の中、極早生の収穫でした。
「さわやか」って、本来はこの時季にだけ使われる表現なんだそうです。
(今日知ったばかりの知識をさっそく披露)

さて、今日はミカンは置いといて、
先日曾ばーちゃんの家で行われた味噌作りについて。

今まで味噌を作るところなんて見たことがなかったわけですが、
なんだか昔から伝わる手仕事を間近で見て、感動しました。

到着すると、庭でもくもく煙が上がっていて、米ともち米が蒸されていました。

これが蒸しあがったらどーんとひっくり返して、
(ものすごーーくいい匂いがしました)
手が入れられるくらいまで冷まして、蒸した麦と混ぜます。

友麹を混ぜたら、稚蚕箱(蚕を飼うために使っていた箱)に広げて、
フタをして、タオルケット、毛布、肌布団をかけてねかせます。

しばらく置くと麹の匂いがしてきて、茶花が咲いて、
最後に塩と蒸した大豆を混ぜて、桶に詰めて出来上がり。
作り方は各家庭でちょっとずつ違うんだと思います。
他にも、細かいコツや下準備もたくさん教えてもらいました。

いやぁ・・・昔の人は、食べ物の特徴や気候をよくわかっていて、
それをうまく使って、自分たちの手で保存食を作り出したんだなぁ・・・
って味噌を眺めながら思いました。
昔の人の知恵はすごい。

9月下旬から今ごろまでが味噌作りの季節みたいです。
来年は自分で作れるかな。。
挑戦してみたいと思います。